クレーターを予防するなら

ニキビが発生したら、跡を残さないようしっかりスキンケアすることが大切です。ニキビ跡で最も解消が難しいのがクレーターです。赤みが引いてもクレーターは自然に解消することがないため、専門の医療機関に行って治療を受けるしかありません。
クレーターを残さないためには、日々正しいスキンケアを実践しましょう。ニキビ対策で最も重要なポイントは洗顔です。ニキビ肌用の洗顔料を使用し、肌に刺激を与えないよう洗い上げます。洗顔料は直接顔につけるのではなく、あらかじめ良く泡立ててから使います。顔全体を泡で包み込み、力を入れずに汚れを浮き立たせます。最後はぬるめのお湯で洗い残しがないようにキレイに流します。
ニキビができやすい脂性肌であっても、1日の洗顔は朝と晩の2回で十分です。
また、ニキビは体の中から発生することもあるため、食事による栄養バランスを整えたり、良質な睡眠を取ることも心掛けましょう。人は眠っている間に肌の状態を回復させます。睡眠が取れていないとニキビだけでなく、さまざまな肌トラブルが発生しやすくなりますから気を付けましょう。
普段の食生活を見直し、脂質や糖質の摂り過ぎが気になる方は摂取を控えましょう。そして、肌に良いビタミンCをサプリメントなどで補います。ニキビ肌を素早く回復させれば、代謝が活性化されてクレーターを防ぐことができます。
クレーターを予防するためには、むやみにニキビを触らないことです。細菌が感染してニキビを悪化させクレーターへと発展します。ニキビ治療薬やスキンケア用品を使い、正しいケアを行いましょう。