ニキビの正しいケア

思春期ニキビは成長とともに解消されることが多いですが、間違ったケアによってニキビが長引いたりニキビ跡が残ることがあります。
また、ニキビはむやみに触らない方が良いものですが、放置しておくことは良いケアとは言えません。治療薬を使い、ニキビの悪化を防ぎましょう。
思春期ニキビとは違い、20代以降に発生するニキビを大人ニキビと言います。皮脂分泌が多いなどの肌質による場合もありますが、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされることが多いようです。
ニキビケアが正しく行われないと解消が難しいものですが、長引かせないためにはニキビを増やさないことが大切です。ニキビ専用のケアを実践し、ニキビを増やさないよう気を付けましょう。
思春期にできるニキビは、生活習慣とは直結していないことが多いですから、あまり気にし過ぎずに治まるのを待っても良いでしょう。しかし、一向に改善しない場合は、炎症が起きたりニキビが広がることもあります。ニキビ跡のクレーターが発生すると改善が困難になります。クレーターを発生させないためには、毎日の洗顔で皮脂汚れをしっかり落としましょう。また、洗い過ぎることもニキビ肌には良くありません。肌に必要な皮脂まで落としてしまい、ニキビが悪化する恐れがあります。ニキビ跡に繋がりそうなニキビがあるときは、早目に皮膚科で診察を受けましょう。