ニキビ跡がクレーターになる前に

ニキビが発生してもキレイに消えれば問題ありませんが、ニキビは特に跡が残りやすい肌トラブルです。ニキビ跡の中でも厄介なものがクレーターです。クレータができる原因は、ニキビが発生したときに指で潰してしまったことによるものです。ニキビには膿がありますから、潰して出してしまいたくなるでしょう。しかし、膿を出した部分が傷口となり、雑菌が入り込んでしまうのです。指先に付着した雑菌が中に入り込んだり、ニキビの細菌が周囲に広がってさらにニキビの状態を悪化させることがあります。
一部分に多くのニキビが発生したり、大きなニキビになった場合は、特にクレーターに繋がる可能性が高くなります。このようなニキビが発生したら、自己判断でケアするのではなく、専門の医療機関を受診することをおすすめします。
また、今発生しているニキビの状態が悪くなくても、長引いているニキビは悪化する恐れがあります。医療機関で正しい治療を受ければ、短期間でニキビを解消することができます。
クレーター状のニキビ跡は簡単な治療で治すことはできませんから、クレーターになる前に手を打つ必要があります。赤みを帯びたニキビや痛みを伴うニキビは、早急に診察を受けましょう。
セルフケアで解消できるニキビ跡は、程度の軽い色素沈着です。有効成分を配合したスキンケア商品を使用していれば、徐々に色素が薄くなっていきます。クレーターのように凹凸のないニキビ跡なら、比較的回復は早いでしょう。