ニキビ跡をクレーターにしないために

思春期を迎える10代には、ニキビはできやすくなります。この頃に正しいケアを行わないと、ニキビ跡が残りクレーターとなる場合が多いものです。また、ニキビは思春期だけでなく、大人になってからも起きる肌トラブルです。生活習慣の乱れや肌のコンディションによって引き起こされるニキビは、跡が残らないようしっかりケアしなければなりません。
まずは、ニキビのできにくい肌に整えることから始めましょう。ニキビはホルモンバランスが崩れることで発生しやすい状態になります。睡眠不足を解消するだけでニキビが治ることもあるなど、肌は普段の生活と直結しています。しかし、不規則な生活が続いていると、ニキビが治りづらいだけでなくニキビ跡がクレーターになることもあります。クレーターはファンデーションで隠すこともできないため、コンプレックスに感じる方が多いでしょう。クレーターになる前にニキビを解消させることが第一です。ニキビは、分泌された余分な皮脂が毛穴に詰まることで起こります。汚れや皮脂が毛穴に詰まると、炎症を起こしてニキビになります。頑固な赤ニキビが続き、やがてクレーターとなって残ります。ニキビが発生した段階で適切な処置をしておけばニキビ跡もクレーターも防ぐことができますから、自己判断ではなく専門医に相談することをおすすめします。ニキビの原因は一つではありません。洗顔を変えても睡眠を取ってもニキビが解消しないときは、ニキビ跡を残さないことを考えましょう。