正しい洗顔でニキビを改善

ニキビ肌のケアといえば、正しい洗顔が最も大切です。では、どのような洗顔方法を実践すれば、ニキビ肌を改善することができるのでしょうか?
ニキビは皮脂汚れが原因となって発生するため、1日に何回も洗顔して皮脂を落としている方がいらっしゃるでしょう。しかし、何度顔を洗ったところでニキビがなくなるわけではありません。洗顔は1日2回、多くても3回までに抑えましょう。
効果的な洗顔方法とは、肌表面にダメージを与えないよう優しく洗うことがポイントになります。洗顔料や洗顔石鹸を使用する際、原液を直接肌につけることは避けなければなりません。初めは洗浄成分をつけずに、ぬるま湯だけを使って素洗いします。皮脂汚れを落とすために効果的な温度がぬるま湯です。水では皮脂が落ちませんし、熱めのお湯では必要な皮脂まで落としてしまうため、ぬるま湯が丁度良い温度になります。
素洗いが終わったら、洗顔料を手の上でよく泡立てます。泡立ちが悪いときは、専用のネットを使用すると便利です。十分泡ができたら、何カ所かに分けて乗せていきます。鼻や頬が中心となり、額や顎、顔の縁が疎かにならないよう顔全体に広げます。泡なら刺激がありませんから、軽くマッサージしながら汚れを浮き立たせましょう。再度ぬるま湯を使って洗い流しますが、洗浄成分が肌に残らないようしっかりすすぎます。すすぎ残しがニキビを悪化させることもありますから、髪の生え際や顎の下までキレイに洗い流します。水分の拭き取りは、タオルで擦るのではなく優しく抑えて水分を吸収させます。