ニキビ肌に有効なケアとは?

ニキビは10代の思春期から始まる肌トラブルです。この時期に発生したニキビは、正しいケアを行っていれば自然に治るものです。しかし、ニキビは20代以降も現れることがあり、その場合は思春期ニキビとは質が違っています。不規則な生活習慣や乱れた栄養バランスによってホルモンバランスが崩れ、ニキビが発生しやすくなります。大人ニキビを解消するためには、スキンケアだけでなく規則正しい生活習慣を身につけることが大切です。十分な睡眠とバランスのとれた食生活、ストレスフリーな生活を送っていれば自然とニキビは解消されるでしょう。
ただ、スキンケアがしっかり行われていないと、生活習慣を整えてもニキビが発生することはあります。毛穴に詰まった汚れや皮脂は、正しい洗顔で落としましょう。皮脂が毛穴に詰まった状態では、高価なスキンケア製品を使っても肌内部まで浸透することはありません。
また、洗顔のし過ぎにも注意が必要です。ニキビ肌を改善するために1日何度も洗顔することがありますが、洗顔する度に肌の脂分が落ちてしまい、肌は乾燥しがちになります。肌の乾燥はニキビの原因になるため、洗顔は朝と晩の1日2回で十分です。ニキビなどのトラブルがある肌には、低刺激の洗顔料を使用します。洗顔料に含まれた添加物が肌トラブルを悪化させることもあるため、洗顔料を購入する際はしっかりチェックしましょう。洗顔料を直接肌につけることは避け、よく泡立ててから軽く肌に乗せるようにします。そして、洗浄成分が肌に残らないよう十分すすぎ、保湿ローションで肌に潤いを与えましょう。